外壁塗装で簡単リフォーム【綺麗な生活をトーそう!】

防水性が高い

カップル

家を綺麗にできる外壁塗装のリフォームがもたらす効果

新築で建設した家も長く住み続けると次第に様々な箇所が傷んできます。エクステリアに関しても同様で、外壁塗装は、その塗装の剥がれや水アカ汚れなどによって見た目も汚くなってきます。その際に行うのがリフォーム工事での外壁の塗装です。また家を外観上綺麗にするだけが外壁塗装の役割ではありません。家の防水という役割も負っているため、美観の維持とともに建物の耐用年数を引き伸ばしてくれることにもなります。メンテナンスの目安としては10年に1度はやってほうが良いとされています。人が定期的に人間ドッグなどでメンテナンスをするように、家もメンテナンスを行い、その際に外壁塗装でしっかりとリフォーム工事をしてあげるのも、外観と機能を長持ちさせるコツです。

塗装工事を行うタイミングを知るためのセルフチェックについての知識

業者を呼んで、外壁の状態をチェックしてもらうのも良いですが、セルフチェックで外壁の状態を調べることもできます。これにより業者を呼ぶ前に、外壁塗装の適切時期を知ることができます。セルフチェックではまず壁をこすって手に粉がつかないか、チェーキング現象についてチェックをします。もし手に白い粉が付くようなら、塗料が劣化している証拠なため、リフォーム工事の時期が近づいています。また外壁の継ぎ目部分のゴムが劣化して割れていたり、硬くなっている場合も劣化が起こっており、塗装工事のタイミングが来ています。外壁にノリや藻がついている場合も同様です。もし外壁そのものにひび割れや塗装の剥がれがある場合は、すぐに外壁塗装をするべき時期です。