外壁塗装で簡単リフォーム【綺麗な生活をトーそう!】

耐久性について

エクステリア

外壁塗装を依頼するリフォーム会社の選び方

住宅の外壁やエクステリアを塗装する、若しくは塗装しなおしたい場合、リフォーム会社に依頼する人が多いでしょう。今回は、依頼するリフォーム会社の選び方についてみていきます。実はリフォーム会社にはリフォーム全般を請け負うとは言っていても、得意分野があります。その会社がそれまでこなしてきた仕事の内容によって、スキルは当然変わってきます。一つ目安となるものがあります。それはリフォーム会社を起業する前はどういった会社だったのか、ということです。もちろん最初からリフォーム会社として起業したところもあるでしょうが、元々工務店や塗装屋だったところが形を変えたものも多いです。ということは外壁塗装をお願いしたい場合は、元々が塗装屋であったところが形を変えたところにお願いすれば、外壁塗装に関する知識や実績はある程度保障されます。外壁塗装をリフォーム会社に依頼する前に、一度確かめてみることをお勧めします。

日本における外壁の塗装

物を塗装するということは装飾の意味合いもありますが、物を塗装膜によって劣化から保護するという役割もあります。日本においても様々な工芸品が古今造られており、同時に色々な手法で塗装も行われてきました。一方建築の世界に目を移すと、古代日本では庶民の住宅はもちろん、高貴な方々が住む宮殿も白木で造られており、外壁を塗装することはありませんでした。そもそも掘っ立て柱であった当時の建物は劣化が早く、長持ちさせるより、立て直しを繰り返していくという発想でありました。後に仏教伝来とともに各地に仏教寺院が立てられるようになると、柱を朱色に染めるなどの装飾が日本に伝わります。これ以降は特に有力寺社などでは様々に工夫された塗装が見られるようになります。一方で一般の住宅はつい最近まで土壁や板壁などの素朴な外壁材を用いてきました。しかし、生活が西洋化するにあたり建築もモルタルやパネルを用いるようになりました。それに伴い、劣化を防ぐ目的で外壁塗装も一般化していくのです。